期間工と派遣は何が違うの?工場の勤務形態と期間工のメリット

工場勤務の雇用形態の種類

工場の求人には、さまざまな雇用形態があり自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのが、工場勤務の魅力だと言えます。

正社員は、会社での直接雇用のフルタイム勤務で期間が決まっていない雇用形態です。健康保険や雇用保険、厚生年金に加入するなど福利厚生が充実しており給与も月給制で、一般的に賞与や交通費などの支給もあるため安定した収入を得ることができます。

契約社員は、会社での直接雇用ですが、主にフルタイム勤務で期間が決められているという雇用形態です。健康保険や厚生年金、雇用保険の加入があります。給与形態は、会社によって異なり月給制の工場もあれば、日給制や時給制の工場もあります。

パート・アルバイトは、正社員よりも短い時間で働く雇用形態で、期間なども決まっている場合があります。家事や育児、学業などと両立しやすい働き方だといえます。一定の勤務時間や日数を超えると社会保険や厚生年金等の加入が必要になります。

派遣社員と期間工の違いとメリット

派遣社員は、会社での直接雇用ではなく派遣会社と雇用契約を結び派遣先の会社で働く雇用形態です。派遣社員は時給制で、希望条件に合わせて派遣されるため、働きやすいというメリットがあります。

期間工は、会社から直接雇用される雇用形態で、期間が決められた契約社員にあたります。期間工の募集は自動車メーカーなどの主に大手企業での募集となり、入社特典や満了慰労金といった手当があるというメリットがあります。また、期間が決められているので、契約満了時に更新しなければ数か月限定で働くこともできます。短期間でお金を稼ぎたい方におすすめの働き方です。

貯金をしたい人には期間工がオススメです!仕事はキツいですが、基本給が非常に高く寮付きで食事も出るため、毎月の出費が抑えられます。