工場で働きたい!工場の仕事はどんなものがあるの?

工場の仕事は単純作業

一口に工場の仕事と言っても、製造しているものは工場によって様々ですし、「実際どんな仕事をするの?」と、工場の仕事のイメージがわかない人もいるでしょう。工場の仕事はよく単純作業と言われます。工場では、一体どのような作業を行うのでしょうか。

工場の仕事の基本はライン作業

製造するものにもよりますが、工場で働くことになった時の主な仕事内容は、ライン作業と呼ばれるものです。ライン作業とは、コンベアから送られてきた作りかけの部品を組み立ていきます。食品工場の場合は、食品を盛りつけたり、食品の包装・箱詰め作業をしたりするでしょう。ライン作業は同じ作業を繰り返し、単純作業なので簡単そうと思う人もいるかもしれませんが、一日中立ちっぱなし、動きっぱなしということもあり、非常に体力を使う仕事となっています。

機会を操作するマシンオペレーター

ライン作業とは違い、こちらは機械を操作して作業を行う仕事です。工場では、加工などを行う時に機械を使います。その機械を操作したり、管理したりするのが、マシンオペレーターというわけです。機械といっても、色んな種類の機械があり、扱う機械によって仕事内容も変わってくるでしょう。ライン作業とは違い、同じ作業を繰り返したり、重いものを運んだりという作業がないので、マシンオペレーターは工場系の中でもあまり体力を必要としません。

できあがった製品を検査する仕事

製造ラインでできあがった製品に異常や不具合がないかチェックするのが、検査の仕事です。工場でできあがった製品は出荷されますが、店頭に並んである商品に不良品があったら大変です。できあがった製品がちゃんとできているかどうか、検査部門で目で見たり、顕微鏡などを使ったりして細かい所までチェックを行います。

イカイアウトソーシングの求人情報なら