外資系転職に向いているのはどんな人なの?

語学のスキルが高い人は転職後に重宝されやすい

外資系企業は、日本企業と働き方が異なるところが多くありますが、外資系転職を志すうえで企業ごとの特色を詳しく理解することが重要となります。特に、語学のスキルが高い人は外資系企業の勤務経験がない人であっても、営業職や総合職など様々な職種で活躍できるチャンスがあります。例えば、世界中に多くの事業所がある外資系企業を転職先に選ぶことで、海外勤務を経てキャリアアップを図ることもできます。また、第二新卒など若手の転職者を歓迎している外資系企業の中には、入社後に英語のコミュニケーションの研修を実施したり、語学学校に通うための資金の援助を行ったりしているところもあります。そのため、転職活動を通じて仕事上で語学のスキルを活かせる企業を見極めることが重要です。

特殊な分野の経験がある人は年収アップも期待できる

ITや医療など特殊な分野の経験がある人は、経験年数や前職の業務の内容にもよりますが、外資系企業に転職をした後に年収アップを期待することができます。各分野のスペシャリストが不足している外資系企業の中には、中途採用の際に基本給を従来よりも高く設定したり、手当の見直しをしたりするところが多くあります。そこで、年収にこだわって外資系企業に転職をしたい場合には、外資系転職に特化した求人サイトを利用したり、エージェントにサポートを受けたりすることがおすすめです。また、自分自身のキャリアが役立つ外資系企業を探すうえで、外資系企業の採用担当者と直接話せるイベントに顔を出すのも良いでしょう。

外資系求人は、国内の企業とは異なる職種や仕事内容があるため、応募前に企業ごとの特色を把握することが必要となります。